兼常作 関兼常 狩猟刀ツバ付剣鉈 狩猟刀 ハンターナイフ 北正 | 刃長:180mm ] KB-341 [ 両刃-ナイフ


関兼常 兼常作 狩猟刀ツバ付剣鉈・両刃
KB-341
愛用され続けるには理由がある。

【 特 長 】
本来は猪狩りに携帯する刃物として開発された。
鋼の中でも硬度が高い白紙2号を採用。
猪の引き締まった肉の解体作業や、厚く硬い皮剥ぎにも刃こぼれせず使える。
またヒルトを装備し、獲物を突き刺した際のスリップによる負傷を防止するストッパーの役目と強烈なパワーで獲物にとどめを刺す実用性を兼ね備えている。

【 仕 様 】
●全長:345mm
●刃長:180mm
●刃厚さ:5.5mm
●重量:約330g
●ブレード材質:日立安来鋼白紙2号
●ハンドル材質:樫
●サヤ:革ケース仕様

兼常作 関兼常 狩猟刀ツバ付剣鉈 狩猟刀 ハンターナイフ 北正 | 刃長:180mm ] KB-341 [ 両刃-ナイフ